SGLのガルバリウムを選ぶ理由 | 大得工務店(DAITOKU)|浜松市南区の新築注文住宅

SGLのガルバリウムを選ぶ理由

こんにちは。 1968年創業・浜松市南区の工務店『DAITOKU(大得工務店)』 代表の大塚です。
今日は、当社で家づくりを行うときに標準的に使っている外装材についてお話します。

当社が標準仕様としてセレクトしている外壁や屋根のひとつに『ガルバリウム鋼板』があります。『ガルバリウム』と一言で言っても、メーカーによって特徴は様々。数あるガルバリウム鋼板のメーカーの中でも、当社は『日鉄鋼板株式会社』さんの[SGL(エスジーエル)]という種類を採用しています。

▲画像はSGLさんのHPよりお借りしました。

  

その一番の理由は、「耐久性」の高さ!

ガルバリウムとは、「亜鉛」と「アルミ」「シリコン」を組み合わせた合金のことで、日本では「ガルバ」とも呼ばれています。

●耐久性があり、サビにくい
●メンテナンスコストが抑えられる
●軽量なので、耐震性が高い
●耐震性があり、熱の反射性もある など

家づくりにとって嬉しいポイントがたくさんあることから、近年ガルバリムの家が一気に増えてきました。

 

 

特に、当社が採用している[SGL(エスジーエル)]のものは、通常のガルバリウムに「マグネシウム」を加え、一般的なガルバリウムよりも、さらに耐久性が高い高性能なタイプ。塗膜コーティングが施され、長期的に美しさを保ってくれることから【次世代ガルバリウム鋼板】とも呼ばれています。

美しい外壁を保つためには、一般的なガルバリムなら築20年くらいで塗装をするのがベストと言われています。しかし、[SGL]の高耐久ガルバリウムなら築30年ごろまでメンテナンスが必要ありません。しかも、海岸500m以遠なら原板の穴あきに対して25年も保証が付けられるので、お客様にとっても安心ですよね。

リフォームでお問合せくださるお客様から、予想外のメンテナンス費用にお困りの声をたくさん聞いてきた当社だからこそ、長い目で見てお客様にとってプラスになるもの、より安心していただけるものを「当社の標準仕様」としてセレクトしています。

------------------------------------------------------

「お客様がずっと安心して暮らせる住まいを」

『大得工務店(DAITOKU)』では、
静岡県浜松市、磐田市、袋井市、掛川市周辺の地域の皆様に
良質な住まいを通じて
ご家族に幸福な未来を提供するお手伝いをしています。

【業界最高水準の高性能な注文住宅を、手が届く価格で。】
DAITOKU(大得工務店)
静岡県浜松市南区松島町188
TEL 053-488-5566

▶無料の家づくり勉強会や個別相談会はコチラ