電源タップにも寿命がある?! | 大得工務店(DAITOKU)|浜松市南区の新築注文住宅

電源タップにも寿命がある?!

こんにちは。 1968年創業・浜松市南区の工務店『DAITOKU(大得工務店)』 代表の大塚です。

スマホの充電器やパソコン、家電など、家の中にはたくさん「コンセント」が必要なアイテムがあるかと思いますが、皆さんがよくご家庭で使用されている【電源タップ(延長コード)】にも、実は寿命があるってご存じでしたか?

あまり知られていませんが、電源タップの交換目安は3~5年といわれています。コンセントプラグにほこりがたまっていたり、長いコードを束ねて使っていたりすると、亀裂や異常発熱、発火の原因にもなるので注意が必要です。

でも、「そうは言っても、家で使っている電源タップが何年前に買ったかなんてよく覚えてない…」って人も多いですよね。そんなときは、電源タップのコードを一度チェックしてみましょう。コードに製造年が記載されている場合が多いので、その年数を目安に新しいものにお取り替えされることをオススメします。

最近の家電製造メーカーによっては、電源タップのコードに使用開始時期を簡単に書き込めるステッカーがついているものもありますので、新たに購入される方は参考にしてみてくださいね。

----------------------------------------

「お客様がずっと安心して暮らせる住まいを」

『大得工務店(DAITOKU)』では、
静岡県浜松市、磐田市周辺の地域の皆様に
良質な住まいを通じて、
ご家族に幸福な未来を提供するお手伝いをしています。

【業界最高水準の高性能な注文住宅を、手が届く価格で。】
DAITOKU(大得工務店)
静岡県浜松市南区松島町188
TEL 053-488-5566

▶無料の家づくり勉強会や個別相談会はコチラ