CASE|築36年目の介護住宅リノベ

CASE|築36年目の介護住宅リノベ

外観アップ

浜松市K様邸

築36年の中古住宅を購入されて、介護ができる住宅にリノベーション。この築年数になると家自体も痛みが大きいことが多く、事前に住まいの詳細な点検をさせて頂いたうえでご提案させていただきました。

工事実施時は劣化していた給排水配管はすべて交換し、新築と同レベルの断熱材を補強することで住むために家全体を断熱補強。また耐震補強工事も施して今後も安心して住んでいただけるお住まいにさせていただきました。当社では配管交換・断熱補強・耐震補強はリノベーションでは必須項目としてご提案させていただいています。

既存の玄関は段差が大きく、車椅子で室内に入るために必要なスロープの距離を確保することができませんでした。そこで玄関の位置を変更し、十分な距離のスロープと段差の殆どない玄関ホールを確保しました。

1階は部屋数を減らし、室内と通路の広さを確保。車椅子での生活を前提とした間取りとなっています。インテリアは奥様の好みで淡い水色などを採用していただきました。洗面化粧台は車椅子でも使用できるタイプに交換。鏡や照明器具などは奥様のお好きなものをお選びいただいています。

外観アップ
外観アップ
外観アップ
外観アップ
外観アップ
外観アップ
外観アップ
外観アップ
外観アップ
外観アップ
外観アップ
外観アップ

ご家族構成 ご夫婦

1F面積69.56㎡(21.00坪) 2F面積37.26㎡(11.25坪) 延べ床面積106.82㎡(32.25坪)
敷地面積171.25㎡(51.80坪) 総施工面積117.22㎡(35.49坪)

K様よりご感想をいただきました

VOICE|先を見たリフォーム