CASE|母屋とつながる家

CASE|母屋とつながる家

浜松市I様邸

和風テイストで建てられたご実家と並んで建築することになるため、ご実家と違和感のない雰囲気の外観にしたい、程よくプライバシーを確保しつつご実家との行き来がしやすいようにしたいというご要望を頂き、外観デザインと玄関の位置を決めるところから計画をスタートしています。

リビングは日当たりを確保しながら室内を大きく回遊できる間取りとし、横になれるタタミコーナーと収納をバランス良く確保しました。窓の大きさや設定高さを工夫することで、適切なプライバシーと採光を得ることができます。

ダイニングの一部には作業カウンターを設置。PCコーナーや作業スペースとして、リモートワーク用としても活用いただけるスペースです。また、ダイニングテーブルと高さを合わせることで同じ椅子を使い回せて便利です。

玄関横にはシュークロークを設計。靴箱以外に土足で行き来ができる収納があると、カバンや上着などの一時置きスペースとして利用できるだけなく、外で使うものの収納としても活躍します。見えにくいところに埋め込み収納を設置して、鍵や荷物受け取り用のハンコを置いて頂くスペースとしても活用いただけます。

ご家族構成 ご夫婦+お子様2人

1F面積60.45㎡(20.89坪) 2F面積54.65㎡(16.50坪) 延べ床面積115.10㎡(34.75坪)
敷地面積215.07㎡(65.12坪) 総施工面積123.87㎡(37.51坪)

I様よりご感想をいただきました

VOICE|母屋とつながる家