CASE|屋根裏収納のある家

CASE|屋根裏収納のある家

浜松市N様邸

外観は落ち着いた色味を組み合わせたシンプルな切妻形状とし、飽きの来にくい設計しました。切妻形状の屋根はオーソドックスな屋根形状の一つで、屋根裏に熱を溜めにくい、雨漏りのリスクが低いなどのメリットがあります。

スッキリとして使いやすい間取りにされたいというご要望を頂いたため、収納は隠す収納と見せる収納を分けながらたっぷりと計画しました。単世帯用の間取りとして計画をしていますが、将来お仏壇などの管理をする必要が出たときのために、仏間としても使えるスペースも計画しています。

本が多いご家庭だったので、家族の共用空間である廊下にクローゼットや本棚などをたくさん設置して本を共有できるように設計しました。また、家の中の一番大きな収納として小屋裏収納を計画しました。階段で上り下りするので大きな荷物でも出し入れが可能です。

水周りは極力まとめて家事が楽になるように配置しました。食事の支度、洗濯、アイロンがけなどがそれぞれ6歩以内の距離の中にすべてまとまっているので忙しい奥様の時間を節約できます。

ご家族構成 ご夫婦+お子様2人

1F面積68.51㎡(20.74坪) 2F面積57.46(17.40坪) 延べ床面積125.97㎡(38.14坪)
敷地面積300.25㎡(90.91坪) 総施工面積146.22㎡(44.28坪)

N様よりご感想をいただきました

VOICE|綿密な打ち合わせ