家相はこだわるべき?

家相はこだわるべき?

代表の大塚です。家を建てるときに家相は重視されますか?
今回は建築士から見た、家相の考え方のメリットとデメリットをお伝えしたいと思います。

家相とは

家相とは元々は中国から入ってきた環境学で、江戸時代に日本で進化した間取りの考え方で、簡単に言ってしまえば家の間取りのテンプレートです。
この方角にはあの部屋はダメ、この部屋はOKという方位のルールが決められたものです。

日本で家相が重視されているのには、元々の日本の住まいの作り方に理由があります。今でこそ上下水道などの設備や冷蔵庫などの便利な家電が当たり前になっていますが、昔はそんな便利なものがありませんでした。

そのため、トイレはくみ取り式の便所で食物は常温保存というのが昭和の時代に入るまでは当たり前だったのです。

その様な時代に住まいを新築をする場合、トイレを家のどこに計画するかと考えると、今のように家のどこに配置してもいいというものではなかったのです。

例えば日当たりがいいところにトイレを計画すると、トイレの脇にある肥(コエ)溜めの温度が上がり虫が湧きやすくなり臭いもひどくなってしまいます。

また、日当たりが悪いところで水廻りの空間があると、湿気で家が腐りやすかったりカビが生えるなど衛生面で問題が起きやすくなる問題がありました。

誰もが簡単に正しい間取りを考えるには

これらの問題を起きにくくするために、昔の人が考えだした方位ごとの部屋の配置のテンプレートが家相です。

家相は下の画像のような方位ごとの良し悪しが記載された「方位盤」を使いながら見ていきますが、この方位盤には方位ごとの部屋の種類の良し悪しが事細かく書かれています。

家相をチェックするためののテンプレート

ただ、実際にこの条件を細かな点まですべて守りながら家の間取りを計画するのは非常に困難です。
と言うのも、家相的な条件が悪い方角である北東方向(鬼門といいます)と南西方向(裏鬼門といいうます)にはほとんどの部屋が配置できないなど、各方位ごとの配置の条件が非常に厳しいからです。

家相を考慮した家はここに注意

家相の方位盤は家の中心から方位を割り出しますが、配置条件をすべてクリアするには細長い家にしたり、悪い方位から外した部屋を廊下でつなぐなど、あまり現実的ではない平面計画が必要になってしまいます。

もちろん家相を守って平面計画をすればいいわけではなく、採光計画や通気計画や動線等の人の動き、耐震性能や断熱性能など様々なことを考えながらプランニングする必要があります。

家相をどの程度参考にしながらプランニングするのかは設計士次第ですが、全てを並行して行くのはなかなか困難です。

家相では出入り口及び火の元、水回りを鬼門(北東方向)と裏鬼門(南西方向)から避けると言ったことが指摘事項になりやすいです。繰り返しになりますが、家相は今の家の作りには必ずしも当てはまるものばかりではありません。

そのため、あくまで優先順位として使い勝手≫家相の順番であり、希望の間取りをクリアするなら家相の考え方も採用するように考える方がおすすめです。

まとめ

家相による家づくりをするメリットは

  • 現代の家づくりでは完全に当てはまるものではないものの、昔ながらの経験に裏付けされた平面計画ができる
  • 家相を守って家を建てたという安心感がある

デメリットは

  • 間取りに制約がでるので、理想通りを計画しにくい

といった点が考えられます。大得工務店では家相を見ながら間取りのご提案も可能です。ご相談は下記のフォームからお申し込み下さいね。